Search

日本総合ヨガ普及協会

身体にやさしいヨガを始めよう♪


山本ヨガ研究所【神戸】

フィジカルヨガ普及協会
【静岡】

堀川ヨガスタジオ【三重】

太陽ヨガカルチャーセンター
【和歌山】

入野ヨガ学院【広島】

石川ヨガ研究所【沖縄】



Links
Category
New Entries

Recommend
健康 2010年 04月号 [雑誌]
健康 2010年 04月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

2大付録に
視力向上ヨガが
掲載されています。
Recommend
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

視力向上ヨガ本。
90%以上の人に効いた!
すぐできるDVD付。
Recommend
壮快 2009年 05月号 [雑誌]
壮快 2009年 05月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

山本先生考案の「視力向上ヨガ」が完全保存版別冊付録
視力向上辞典に掲載。
■視力向上ヨガのやり方がわかる写真図解。
■ドライアイが大改善!視力向上ヨガで0.01が0.5に上昇など。
Recommend
壮快 2009年 03月号 [雑誌]
壮快 2009年 03月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

山本先生考案の「視力向上ヨガ」がトップ記事で掲載。
21ページの特集です。
視力向上ヨガ6つのヨガ
アサナはカラーで見易く、
更に「DVD視力向上ヨガ」が付録についているので、より実行しやすくなっています。
Recommend
壮快 2009年 01月号 [雑誌]
壮快 2009年 01月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

松尾先生の「快便ヨガ」が
特集されています。
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
岐阜市中途失聴、難聴者協会主催「アイヨガ」を実施しました。

日時:6月19日(日) 1:30〜3:00 (その後希望者で茶話会3:00〜4:00)

 会員の方、スタッフの方や会員のご家族なども合わせて14名の参加でした。そのうち、ヨガ初体験の方が半分ほどおられました。

 要約筆記(パソコンで私の言葉を打ち、文字は壁と天井のスクリーンで表示)の方も4名おられ、交代で私の言葉を通訳(?)していただきました。
 

 皆さんの理解の方法は、スクリーンの文字で/補聴器で/補聴器+口の動きで、など、多様でした。私も特殊なマイクを使い、ワイヤーから出る特殊な音か振動で音を拾う人もおられるので、マイクをなるべく使って話をしてくださいということでした。

注意点は大きく二つを考えました。

EPSN1649

 一つ目はやはり言葉や注意、呼びかけの問題です。レッスンでは、一度動き始めると、注意や指導の言葉が届かない点にまず気を付けなくてはと考えました。
 

 また、中途失聴/難聴という、後天的な障害をお持ちだということで、他の疾病や不調を抱えている可能性を考え、通常レッスンよりケガを防ぐ呼びかけをさらに丁寧にしようと思いました。
 

 ヨガをする前に、注意点を「丁寧にゆっくり動く/呼吸を止めない/比べない、競わない」というポイントで、実際の例を体を使って見せ、簡単な理由も踏まえて少し時間をかけて説明しました。また「無理なく無駄なく、自分のバランスを見つけて行いましょう」と呼びかけました。

 また、山本先生からもご指摘いただいたように、指導の言葉もシンプルで短めに区切り、ゆっくり、はっきりを心がけました。

 もう一つの注意点は、アイヨガなので目のケアはもちろんですが、首、肩こりほぐしやリラックスを重点的に行おうと思いました。

 聴覚を補うため、情報収集に視力を非常に酷使しておられるだろうこと、そして、日常で緊張状態が続く時間も長いだろうと想像しました。レッスン中は指示が聞こえにくい分、状況確認のため目を閉じるのを不安に思われている方が多いということでした。

 交感神経が優位になり、肩、首こりも相当なものだろうと考え、しっかり笑ったりリラックスをしてもらうよう、レッスンを工夫しました。関節ほぐしや肩甲骨回しなども丁寧に行い、シャバアーサナの説明も十分して、不安なくゆっくり休んでもらう時間をとろうと考えました。

EPSN1651

(実際のメニュー)

レッスン開始

・中途失聴、難聴者協会スタッフさんからのご挨拶、講師紹介
・講師ご挨拶
・ヨガを行うに当たっての注意点


アイヨガレッスン

(準備)
 ・体じゃんけん(体全体でグー、チョキ、パーを作りじゃんけん)
 ・関節ほぐし(手首ぶらぶら、肩甲骨回し、首回しなど)


(アイヨガエクササイズ)

 ・眼球エクササイズ
 ・フェイスじゃんけん
 ・猫の変形ポーズ
 ・前後開脚えいふう押し
 ・開脚前屈
シャバアーサナ(途中講師が参加者の体線を直し、両足ゆらし)

以上のメニューで行いました。


EPSN1665内容としては、少しずつ説明し、文字がスクリーンに表示されるまで少し待ち、実際に皆さんと少しずつ行いという工程で、実質的には時間は倍というより、3倍くらいかかった気がします。90分という所要時間は守りたかったので、補足ポーズを省き、中指ほぐしも省きましたが、山本先生の素晴らしいアイヨガのエッセンスとコンセプトをシンプルにお伝えするよう努力しました。

 参加者の皆さんは常に笑顔で、楽しそうにアイヨガを行われ、シャバアーサナから起きてこられた時は「あっ、スクリーンの字がはっきり見える!」「重かった肩が嘘のように軽い!」と嬉しそうに話されている方が多く、希望者で行った視力チェックでも、レッスン後では明らかに答えるスピードと正確性が増し、ほとんどの方が0.3〜0.8ポイントの向上がありました。皆さんと拍手したりハイタッチして、喜びを分かち合いました。

 茶話会でも、「アイヨガが楽しかった」、「比べない、競わないというコンセプトが心に残り、安心して取り組めた」「肩こり、首こりが本当に楽になった」など、ありがたい感想をいただきました。

 印象に残ったのは、「先生がシャバアーサナの時にしてくれた、あのすごく気持ちの良いのは何だったのでしょうか?」というご質問でした。大変短い時間に行った両足ゆらしなのに、やはり緩めるということが大切だったのだなと思いました。

 私が「それは。。講師からの愛です。」と半分冗談(半分本気)で答えると「え〜??」という反応を期待したのですが、「あぁ、なるほど〜」とにっこり笑ってうなずかれる方が多く、素直に私の言葉を受け取っていただけて、これも嬉しかったです。

 ちょうどこの前日に、山本ヨガ研究所での新研究科で、山本先生から沖導師の興味深いお話、クラス運営の注意点などの貴重なお話をいただいた中で、「講師の皆さんは会員の方に“愛”を伝えてね」と先生から言われたとき、ふと「私の生徒さんへの愛は、皆さんにふさわしい形で届いているだろうか。」と考えたのですが、図らずも次の日のアイヨガで、新研究科の内容を踏まえてレッスンもでき、参加者の皆さんが私からの愛を自然に受け取ってくださっていたということになります。

 参加者の方、企画し準備を重ねてくださった協会のスタッフの方々、そしてボランティアで黙々と要約筆記をしてくださった方々、そして講師と、どの人が欠けても成立しなかったこのヨガの企画。

 「協調、つながり、愛、健康、平和」という、ヨガのコンセプトを皆さんが具現化し、その時間、感動、喜びを分かち合えたことは、私のヨガ史の大切な一ページとなりました。

 この機会を与えてくださった岐阜の方々、そして山本先生、アドバイスくださった佐藤みどり先生に、心から深く感謝いたします。

 以上、今後難聴者の方々に初めて指導される方々にも、稚拙ながら少しでも参考にしていただければと思い、長くなりました。お読みいただきありがとうございます。

合掌 - Aum Shanthi –

橋本悦子 ( 山本ヨガ研究所講師)

posted by: lohas2 | 視力向上ヨガ | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
大淀小学校(三重県)の5年生にヨガ指導
 年生赤組1限目、白組2限目に、体育の授業に1時間使って ヨガの授業をしてきました。

色々な小学校の体育の授業に取り入れてもらえたら嬉しいなあ・・・、と思っています。

 

三重県 準指導師 佐久間麻理

posted by: lohas2 | 山本ヨガ研究所 | 00:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
三重大学付属病院 リボンズハウスでボランテイアヨガ
三重大学付属病院 リボンズハウスhttp://www.ribbonz.jp/dl/house/mie_univ.pdf でボランテイアヨガを行っています。
 ガン患者さんのサークルですが、月1回(第2金曜の14時から)ボランティアスタッフとしてヨガのレッスンを たんとうしています。 患者さんの心と体に、響いてくれればな・・・と思い、通っています。

 三重県 準指導師 佐久間麻理

JUGEMテーマ:ヨガ
posted by: lohas2 | 山本ヨガ研究所 | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
マウイヒーリングと目覚めのツアー・レポート

6月7日より13日まで、年齢は25歳から86歳までの18名の参加でした。

イアオ渓谷、とビーナスの滝行で心身ともにすっきり浄化され、ハレアカラ火山(3000M)の頂上で全員とヒーラー2人とともに震災でお亡くなりなった霊の鎮魂の祈りと震災を体験されたかたがたの笑顔のある生活を取り戻せますようにと祈りの儀式を行いました。

 

出発前の6日前、天上界に帰られた、よさこい踊りで日本の若者を元気にさせた国友須賀先生の霊界からのメッセージをマウイの教会で受け取らせていただき、深い愛を学ばせていただき、全員が静かな感動のまま元気に帰国しました。


太陽ヨガ所長 松尾ひろ子
posted by: lohas2 | 太陽ヨガ【和歌山】 | 15:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
フラワーフェスティバル出演 in 広島
広島ではフラワーフェスティバルが毎年、開催されます。

今年の5月 3〜5日 には 全国より 165万人の方がお越しくださいました。
大変賑やかなお祭りです。

入野ヨガ学院では ヨガ発表をしました。
ヨガ の芸術性追求 をめざして 舞台発表をしました。 
出演者は15名で 7才〜70才の構成です。

 内容は
 仝撞杪料爛瓮疋譟
 ▲汽蝓蔀緝佞
 さか立 
 2基本ポーズ・合掌体操 
 モ堊曄ΦГ  をしました。





私は さか立を曲に合わせて4分間しました、
70才でこれだけできた ことが………嬉しいです。 
入野ヨガ学院 副院長 入野由美子
posted by: lohas2 | 入野ヨガ学院【広島】 | 12:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
有馬温泉念仏寺で湯けむりヨガ開催 9月8日
有馬温泉ゆけむり大学」という企画の中で開催する「ゆけむりヨガ」


http://www.asahi.com/edu/news/OSK201008310030.html 

「ゆけむりヨガ」は8日(水曜日)10時半〜12時、14時〜15時半 
場所は念仏寺 費用は500円です。 

そのほかに「有馬ストリートライブ」(毎日)、
「音楽セラピー&Small Musical〜金の斧(おの)・銀の斧〜」(2日)、
「温泉セラピー」(3日)、
「有馬温泉街歩きノルディックウォーキング」(4日)、
「ゆけむりヨガ」(8日)、
「座禅」(9日)、
「浴衣でコンサート」(4、5、11、12日)など。
 4、11日には、2001年の米同時多発テロを振り返り平和を願おうと、911本のキャンドルで温泉街の夜を彩る「ねがいの灯〜LOVE&PEACE」もある。  

 
関西の四つの大学と有馬温泉観光協会の初の共同事業が始まり、有馬温泉をキャンパスに見立てて健康や芸術をテーマにした「講義」を行い、訪れた観光客や学生に楽しんでもらう。その名も「有馬温泉ゆけむり大学」。9月12日までの期間中のイベントは50と盛りだくさん。 この企画は、大阪音楽大学・近畿大学・神戸芸術工科大学・武庫川大学が協力してつくりあげた企画だそうです。


主催「社団法人有馬温泉観光協会(有馬温泉ゆけむり大学実行委員会)
後援 兵庫県 神戸市 
問い合わせは、有馬温泉観光総合案内所(078・904・0708)へ


posted by: lohas2 | 山本ヨガ研究所 | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
山本ヨガ研究所35周年記念祭のレポートです。
神戸市内のポートピアホテルでの開催には大勢でお越しいただきありがとうございました。 
  
  

来賓の方がたは東京や沖縄など遠方からも多く、支えていただいてることを確認させていただいたしあわせな1日でした。 メーンプログラムは 龍村修先生(元沖ヨガ道場長)による沖正弘先生の生涯とその教え。 

  

 次は、山本ヨガ研究所へ継続して通ってくださってる方への感謝状授与。 嬉しいことに、35年間通ってくださってる中村さん(78歳) 32年通ってくださってる今泉さん(82歳)など3名。 他に25年以上・・など、多数おられて、自分と家族の健康管理がバッチリの様子で ほんとに姿勢が良くて病気知らずで明るい!・・・ヨガ本来の目指しているのはここですねえ・・・。 

  

 その他、ヨガ讃歌という歌、ヨガダンス、沖縄のエイサー踊りなど、盛りだくさんのプログラムを考えましたが予定通り18時終了!

  

 ご参加いただいた皆様、ほんとうにありがとうございました。 そして、 36年目に向かってよろしくご指導くださいませ 感謝合掌

 




posted by: lohas2 | 山本ヨガ研究所 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
財団法人復光会 垂水病院でヨガ研修会しました
8月27日、財団法人復光会 垂水病院にて、職員の方へヨガ講習会をしました。 

ここは、精神科専門で322床のうち 精神科急性期治療病棟 38床があるということで、他に気分障害や統合失調症まで、広く精神一般に対処されています。






とても明るい職員さんの笑顔と明るい空間でした・・


 垂水病院では年1回外部から講師を呼ばれるそうで、前回の希望が多かったというアンケート結果で40名近いかたの参加でした。 大半が看護士さんで、男性の方も多く、ちょっと硬そうな(笑)体で一生懸命受講くださる のに、頭が下がります。

すっかりリラックスして腰をほぐしあって終了しました。




 
posted by: lohas2 | 山本ヨガ研究所 | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
広島合宿レポート
【宮島合宿(2010年7月17日〜19日)の感想文】 
 私は、今四世代同居の八人家族です。9月に入ると九人になる予定です。九十才の義父を頭に下は四才の孫がおります。九十才の父は胃瘻(ろう)をしておりますので1日3回栄養をそこから採り生命力維持をしております。欠かすことの出来ない在宅介護の一つです。その現状の中で私が合宿に参加することは、大変なことで、ショートステイに頼みましても満員であると断わられました。もう縁がなかったのだと諦めかけた時、主人が1年に1回の有給休暇だと思って行ってきたらと後押しをしてくれ色々な方達のお世話になることで、なんとか念願の合宿に参加することが出来ました。ありがたいことです。


そんな思いを抱いて始った二泊三日の合宿の始まりです。
 なんと申しましても、今回の楽しみは、インドから来日されたカマル先生の実践指導です。熱のこもった授業は時間のたつのを忘れてしまいました。私も壇上にあがりポーズの修正をしていただき、カマル先生のエネルギーを頂いたような気がいたしました。 

 次に沖縄から来られた石川先生は、笑いの行法ということで講義されました。笑うことにより自然治癒力も高まり病気も治る、いかに呼吸法が大切かということを学びました。
 次に山本先生には、前屈・ラクダ・ねじりとか色々なポーズがあるが、そういうポーズは精神的ヨガに到達するための通過点のヨガであると気づくことを教えられました。よく入野先生が授業の中で「ヨガは、体操ではないのですよ。もっと深いものですよ。」とおしゃっておられることの再確認でした。
次に松尾先生には、正体法について学びました。ヨガとは、真我とつながる一体となるものである。冥想とは、真我とつながるためにするものであると学びました。ヨガの深さを感じとり、これからがスタートラインに立ったような気がいたします。入野先生達三人のさか立ちもすばらしかったです。 

最後に開催県の諸先、生色々とお世話様になり有難うございました。お疲れ様でございました。
広島 田阪潤子

     


大阪 H.O
1.カマル先生のヨガ指導
 トリコーナアサナのアジャストメントで膝の保護の仕方をしっかり勉強出来たのが良かったです。実際、特に女性のヨガの経験者の方が、膝をトリコーナアサナで痛める人が多いそうですが、どのように予防をすれば良いか、具体的に、保護する方法の確認が出来ました。
 カマル先生が言われるように肋骨を引き上げることで、立ち姿勢でも尾骨が下がり、腰も保護されるということが分かり、この注意点は、怪我の防止、腰痛の防止について、一石二鳥だと思いました。

  

2.入野先生のヨガ式指圧
 指圧のポイント、施術のコツを、学ぶことが出来て実践的な知識がつきました。ツボの教科書を見ると、ツボの数の多さや難しい漢字が沢山出てくるので苦手でしたが、この講義を受けて基本となる大事なツボを知り、施術を体感出来て良かったです。
 入野先生の語り口には、引き込まれるものがありました。
もう少し時間があれば、背骨を見て、どの骨が、頚椎、胸椎、腰椎、仙骨の何番になるのかなど、大まかな目印となる骨の見つけ方を、もっと教えて頂きたかったと思いました。

3.石川先生の笑いの行法
この時のように、1時間ほど笑い続けたのは初めてでした。
一般的に男の方は特に、笑うのが女性ほどうまくないような気がします。笑うのは、こんなにお腹を使うのだなあと実感しました。私には、強烈に印象に残った行法でした。
山本先生のアイヨガでありましたが、顔ジャンケンなど、少し恥ずかしいことをすると、一気に血行が良くなり、頭も活性化するような気がしました。恥ずかしさを感じるのは若い証拠なのかもと思いました。(心臓には、良くなさそうですが。)

4.山本先生のラジャヨガとハタヨガの融合
 前屈、反り、捻り、左右傾斜、上虚下実の基本5ポーズについて、それぞれ込められた意味を知ることが出来、身体と心の関係を結びつけて考えるという、ユニークで分かりやすい講義でした。
 修正法、反射部位の説明も盛り込まれていて、楽しかったです。
そもそも、何のために健康になるのか(ヨガをするのか)という問題に立ち返り、さらに進んで、幸福とは?真我とは?光とは?
このように、単なる肉体次元の健康ではなく、心の持ち方についても考えてしまう、シンプルかつ、奥の深い内容の講義でした。体の「気付き」が、ハタヨガから、ラジャヨガの始まりという言葉が、特に印象的でした。
山本先生の講義や指導は、科学的な裏付けを大切にされているように感じます。
山本ヨガ研究所、という名前からもそのように感じます。理路整然とされています。とは言っても、ただ物事を細かく分析するのではなく、バランス良く偏らないで、つまり、総合ヨガという観点から、「全体を見ておられる」と感じました。
説明のレジュメが、表になっていて、大変見やすかったです。
 基本5ポーズ、については、山本先生の著書である「幸福への招待」にも、5つのヨガアーサナが紹介されていましたし、5元素に感謝という言葉を出てきました。「5」という数字に、宇宙と人間を結びつける意味を意識されているのかと思いました。そう言えば、手も5本指、体も5体満足と言います。
 音楽との関わりは、呼吸法に関係するお話かとも思いますが、常に新しいテーマを追及される姿勢にも刺激を受けました。

5.堀川先生の神社ヨガ
 HPでは、ご主人様と海外での生活経験をお持ちだということでなぜ、日本の古神道である神社をヨガのテーマに?と思っていたのですが、外国の方を相手にされるからこそ、日本をもっと知るべきだ、という考えに至った経緯が良く分かり、納得でした。
太陽や、月、月食など、自然の天体現象にも目をつけられたイベントを企画されているなど、神秘的な感じがいたしました。
 祓いの言葉を朗読しましたが、言霊というものを、もう一歩深く考察して、オウムのマントラと言霊の関係などを、もう少し大胆に結び付けて考えても面白いのではないかと思いました。

6.松尾先生の歪みについての講義
 日本語には、同音異義語が沢山有りますが(整体、正体、聖体)(整心、正心、聖心)、それぞれの言葉の意味、つまり、肉体から、心、そして、精神的なものへと変わっていく道筋を、楽しい雑談を交えて頂き、リラックスして学ぶことが出来ました。
 丁寧なレジュメも用意されて、CDもついていて、短い時間で、濃縮された講義を受けることが出来るような工夫が印象的でした。
心理学や、食事法など、ヨガ周辺分野の専門家のお話などを加えて話され、多方面への見識の深さを感じました。思考パターン、心掛けや、言葉使いなど、潜在意識の中に潜んでいる自分をコントロールする大切さ?を感じました。
 合掌行気法では、音楽を聴きながら、呼吸を介して、体と心を整える業方を体験することが出来て良かったです。分かりやすい説明で、「正体法」というもののイメージが自分なりにですが、少しつかめたような気がいたしました。

  

●合宿と指導全体を通して気がついたこと:
 宮島の正式参拝は、貴重な経験となりました。初めての経験でした。
個人的には、なかなか出来ないことが体験出来て、思い出になりました。
有志の方との、原爆ドーム、千羽鶴の奉納や、平和記念公園の見学は有意義なものでした。つい、日常では、自分の幸せのことにばかり気になってしまいがちですが、小さな自分という意識を超越して、人類の犯した過ち、これから先の人類の課題について考える時間となりました。原爆資料館では、外国の方が予想以上に多かったです。

 宮島の写真の入ったデジタルカメラを、資料館の見学の後に紛失してしまったで残念でしたが、山本先生が慰霊碑の前でお祈りされておられる姿が、写真のように強く記憶に残りました。折り鶴の放火事件など数年前にありましたが、得たいのしれない個人主義こそが敗戦した日本にとって、一番大きな負債になっていると 最近特に、色々な事件を見て思ったりしております。私も身勝手な所あります。
行きの新幹線の中で、「絶望から立ち直る方法を教えて下さい」ダライ・ラマ14世他、ノーベル平和賞受賞者3人の言葉広島平和会議2006年編、を読みました。自分と他人との関係について書かれていました。
私には、耳が痛い言葉が沢山書いてありました。

長くなりましたので、そろそろ、まとめてみます。
 修正法、ツボ刺激、心、食事、そして、海外の方(カマル氏)との交流など、日本総合ヨガという名前にふさわしい合宿だと思いました。
 宮島正式参拝、折り鶴、チベットへの学校設立の寄付など、社会的な貢献という意味でも、意義のある合宿になりました。

 先生方をはじめ、参加者の一人一人の方には、気持ち良く接していただき、感謝しております。宿も過ごしやすかったです。色々と融通を利かせて頂き、また、心のこもったおもてなしを頂きました。
皆々様に、感謝しております。どうも有り難うございました。 

  









posted by: lohas2 | - | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヨガの雑誌「ヨギーニ」に取り上げていただきました
6月22日発売VOL.24 の表紙にのっているテーマは「気づきとヨガの素敵な関係」です。そのP32〜33に「気づきをキャッチする方法」というテーマで私のコメントを載せてもらえました。またp97には、「視力向上ヨガ」も編集記者さんの体験として取り上げてもらっています。
posted by: lohas2 | 山本ヨガ研究所 | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) |